物が溢れる現代において、家に何かしらの不用品を抱えている人が多くいます。それらの処分は自治体に依頼をしようと思うと、手続きや対応品目の関係で面倒だったり、そもそも回収対応していない品目であることがよくあります。 そこで多くの人が活用しているのが、不用品回収会社が提供している郵送処分サービスです。 このサービスは不用となった品物を、対応品目にさえ掲載しているものならば、大型家電でさえもいちいち業者とやり取りをしなくても、すぐに宅配便などでそのまま業者に送りつけることができます。送った荷物は業者側は無料で処分をして、リユースやリサイクルしてくれます。 このため利用者側は郵送処分の費用が運賃のみで済む利点があります。このようなメリットから郵送処分を利用する人が多く見られます。

住宅や店舗、オフィスなどにおいて生じた不用品を、郵送回収して適正なプロセスで無料処理をしてもらえるのが、郵送処分サービスです。もちろん郵送ではなく、宅配便を使って送っても同様に処分をしてもらえます。 この郵送処分と類似競合するサービスとして、出張引取サービスがあります。出張引取サービスは、こちらが不用品回収業者に電話をして、その後業者に現地に来てもらうことで、引取り回収をしてもらえます。 郵送処分と出張引取りのどちらも、利用者は不要品の処分が達成できるため、類似しているサービスですが、コスト的に出張引取りの方が費用が掛かるので、その分処分が有料となるケースが多くなります。 また郵送処分ならば業者への連絡無しでも、回収のために荷物を送れますが、出張引取りの場合はそのための手続が必要となる点が違ってきます。